選択されているタグ : セミナー

HCDの理解2011vol.3へ参加しました。

2011年6月11日(土)に
HCDの理解2011[初級編Vol.3] ユーザー評価
へ参加してきました。

これまでユーザ評価については座学でしか学んでなかったので、実際にやれるのが楽しみでした。

HCDとは、Human Centered Designの略で「人間中心設計」と訳します。これまで、プロダクトデザインの分野等で活用されており、近年はWEBサイトにもこの考え方が取り入れられてきています。

ひとりよがりで内輪盛り上がりで終わるWEBサイト制作になってしまわないよう、学んでおきたい考え方です。


「ユーザ評価」は、人間中心設計プロセスの中の一つです。



図でいくと、ものが出来上がった最後の評価…という感じですが、WEBサイトのリニューアルの場合などはユーザ評価から行うのが効果的だそうです。

☆評価の手順
1)何を評価するか明確にする

2)評価方法の選択 評価の専門家・開発者・ユーザ

3)評価と分析

☆覚えておきたい評価手法4つ!
■エキスパートレビュー
■認知的ウォークスルー法
■(短期)ユーザビリティテスト
■(長期)長期観察

■エキスパートレビュー(ヒューリスティック評価)
評価者がユーザビリティガイドラインにもとづき、自分の直感と洞察を駆使してユーザビリティの問題点を発見する方法で、1990年にヤコブ・ニールセンらが開発した。今ではユーザビリティテストに次ぐ利用頻度を持っていると思われる。

・評価者:ユーザビリティエンジニア(評価経験者3名以上)
・会場:どこでも良い
・やり方:ニールセンの10項目やユーザ(ペルソナ)のコンテキストを考慮しながら行う
・期間:短時間・低コストで可能
・効果:広く浅く問題点を発見することが出来る

ニールセンの10項目
1)シンプルな対話
2)ユーザの言葉で話す
3)ユーザの記憶負荷を最小限にする
4)一貫性
5)フィードバック
6)出口を明らかにする
7)ショートカット
8)適切なエラーメッセージ
9)エラーを防ぐ
10)ヘルプとドキュメンテーション



↑余裕のある人はこれも読むといいかも…。だそうです。



■認知的ウォークスルー法
検査者自身がユーザの認知的な行動軌跡を推定して問題点を抽出する方法。ユーザが自分の目的を達成するためにどのような行動をとり、その結果予測しなかったエラーをどのような場合置かすかを想像して進める。

walk through
(リハーサルで)立ちげいこする.

・評価者:開発者
・会場:どこでも良い
・やり方:開発者数名でブレインストーミングを行いながら
・期間:短時間・低コストで可能
・効果:ペルソナ法との親和性が高く、タスクさえ上手く設定できればかなり奥深い問題を発見できる。

認知的ウォークスルー法の手順
1)対象となるユーザがどのようなスキルかを設定する
2)ゴールとそれに向かうタスクを設定。
ゴールに向かって、そのユーザが操作をどのようにするかを想像する。1つのアクションごとに、ユーザが何を見て、何を選択しして、表示を解釈し、判断するかを推測する。
3)タスクごとに評価ポイントごとに問題点や懸念事項を認知科学的なガイドラインに沿って列記していく。

注意点:欠点としては、タスクに従って評価するために、そのタスクの設定を誤ると問題の見落としが起きる場合がある。



実際に班でユーザテストを行いました。

サイトの役割がよく分かるタスクを設定し、答えを決め、ユーザテストを行うという流れです。


私たちF班の課題サイトは「アット大須

課題サイトは事前に連絡がきていたので、ある程度見ていましたが…、正直…、エキスパートユーザにはなれませんでした。orz

私たちの班はタスクの設定が甘かったので、エキスパートユーザとノービスユーザの差を上手く捉えることができませんでした。



タスク(アクティビティ)
1)大須商店街の全体像を知りたい
2)昼食を食べるためのお店を探す
3)プレゼントを買うための雑貨屋を探す

↑具体的な答えがないため、人によって探す時間も異なってきます。「ラーメン屋を探す」とか絞った方が良かった。

私たちの班の調査はみごとに失敗に終わりましたが、失敗から学べたことはたくさんありました。他の班の発表も勉強になりましたし!


以下 感想。

このセミナーに出て良かったと思ったことは、「ユーザは作り手が意図した通りには使わない(捉えない)」ということを体感できたことです。

第2回目のフィールドワークの写真の分類でも体感できましたが、こういうことを体感する機会って、日常では無いのです。
起きて、パソコンへ向かってメールを見つつ制作作業…という私の日常の中では。

自分の興味がHTMLとCSSの技術的な話とかに向いているので、ユーザビリティについては頭で理解してるものの、実際のデザインにはついてきていなかった様に思います。
セミナーに出たことで、意識改革に繋がったかな?と感じてます。

何より、いつも引きこもって制作してると視野が狭くなってしまうので、セミナーに出るのはすごくイイです。気づかされることがたくさんあります。

娘(11ヶ月:2011年6月現在)が無事に卒乳して、懇親会にも行けたので楽しかったです☆


まあ、ちょっとくらいなら行ってもいいわよ


セミナーに行かせてくれてありがとね〜 >夫&娘☆


コメント

お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス

正しいメールアドレスを入力してください。

URL

正しいURLを入力してください。

タイトル

タイトルを入力してください。

タイトルに不適切な言葉が含まれています。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie
  • 卒乳は突然に…

    こじまさんへ
    こんにちは!^^
    卒乳は、私の風邪が原因で突然に…。本当は1歳まではする予定なかったのですが、2日ほど泣いたら忘れたみたいです。
    おかげでアルコールがOKになりまして嬉しい限りです。
    HCDのセミナーはWEBデザインにも通ずるところがあっておもしろいですよ。オススメのセミナーです!

    投稿者名 mihha

  • すごいですね!

    こんにちは!

    ちゃんとセミナーに出て勉強されて、すごいです!

    わぁ><難しそう・・

    でもスゴク勉強になりそうですね。

    そしてお嬢さん、もう卒乳なんてすばらしい!

    うち(1歳3ヶ月)はまだまだ・・

    投稿者名 こじま葉子