次女の誕生


次女が誕生しました。

次女が産まれた時点で3歳8ヶ月の長女は赤ちゃんの世話がしたくてたまらない様子で、ハラハラしながらお世話をさせています。これが想像以上に大変です。どちらも可愛くてしょうがない娘です。


2014年の抱負

金山駅の夜景


2013年の抱負というエントリーでは、


■スマホアプリをリリースできるようになる

■主人の会社のサポートをもっとがんばる

という2つを目標にかかげてました。
スマホアプリリリースは実現できました。
絵本アプリがAppStoreで発売中です☆
絵本「パパと

主人の会社のサポートをもっとがんばる…の方は、がんばれたかな?目標が漠然としすぎていた点を反省です。
これでは達成できたのかどうかがわかりませんね。

さて、2014年の目標は

■母力を高める

にしようと思います。

2月に次女が産まれるので、育児に専念する年にしたいと思います。

目標のハードルをあげすぎるのもストレスになってしまうし、だからといって何もないのもストレスなので、適度に仕事をして、遊んで、子どもとの時間を大切にできる、幸せな母親になろうと思います。(ゆ…ゆるい)

育児に専念するといいつつ、私はなんだかんだ言って仕事をします。私の仕事は好きなこと(Web制作したり、イラストを描いたり)なので、自分が遊んでるんだか仕事をしてるんだか、実は明確に分かっていません。(無給だからか?)
プロ意識が無いんじゃないか?!とも捉えられると思うので、甘い考えかな?とも思いますが、しかし、幸せなのであまり深く考えずにこのまま毎日楽しく仕事をしていきたいと思っています。

母力を高めながら。

毎日の料理、通園グッズなどの手作り、お弁当作り、子どもとのコミュニケーション、躾、難しいものもあるけれど、全てを楽しんでいけたらいいなと思います。

家族と共に、色んなものを一緒に作って、楽しんでいきたいです。


クリスマスケーキを一緒に作る夫と娘


とよたまちなか博覧会「プレミアムナイトツアー」へ


去る2013年10月18日(金)に、とよたまちなか博覧会のプログラムの1つである「プレミアムナイトツアー」へ行ってきました。

芸術の秋らしい一晩を過ごす事ができました。

最初に言っておきます。
この記事は惚気です。

 


ご報告


お腹が出てきて、ごまかす服を着てても外見から分かる様になってきたのでご報告です。

来年2月に第二子が産まれる予定です。

ここ2ヶ月くらいはつわりで寝てばかりいました。
勤務カレンダーを読み返すと午後寝てることが多かったです。
(^^;)
私の仕事量も減っていました。

会社のおかげで、主人やスタッフのおかげでなんとかなっております。小さいですが、組織の力が少し見えた様な気がしました。いつも助かります。

少し落ち着いてきたので、あと半年、今のうちに色々とやれることをやらないとなあと思っています。

妊娠するとやはり仕事の仕方を色々と考えてしまいます。


結婚記念日


ゴールデンウィークの真っ只中、5月5日は結婚記念日でした。
結婚して丸4年です。やっと5年目突入です。
4周年は、花婚式、(絹婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式などと名前がついてるそうです。(参考サイト:Wikipedia「結婚記念日」

写真は、いつも仕事場の窓から見てる風景です。
写っているのは娘です。

畑で主人の祖母が水やりしているのを手伝っています。

結婚4周年、娘は2歳。

人生の中でもすごく濃かった20代後半。
就職、結婚、出産、子育て、家を買う、事業を興す、法人化する…etc
全部ここ5年の中に詰まってるんだなあと思うと、短い様な長い様な。
まだまだスタート地点だなと思ったり。


2013新年度


新年度ですね。

2歳になる娘も無事にこども園進級し、クラスも変わりました。
進級おめでとう!といいつつも、1年更新なので今年も入園式があります。

年度末に、先生達と連絡をとりあっていた記録を1冊にまとめたものを記念にもらいました。日常の何気ないやりとりがびっしり書いてあります。


2013年の抱負

妹のイラストを拝借。(借りるよー


もう1月も半ばに差し掛かろうとしていますが、2013年の抱負を書きたいと思います。

その前に、2012年の抱負のエントリーを振り返ってみます。

2012年の目標とやってみたいことを書きます。

■「人に教える仕事を始めてみたい」

■「自分の色を出していきたい」

と書いていました。

2012年4月から専門学校の非常勤講師をスタートしてWeb制作の授業をしたり、短期間ではありますが市内の広告代理店でHTML&CSS講座を行ったりなどしました。
「人に伝える」為に自分の引き出しをまとめる作業を結構行ったおかげで、頭の中がスッキリしました。
教えること、アウトプットすることは、1番勉強になるな…と感じました。
授業や短期講座を通じて、1番伸びたのは多分私です。(え
(素晴らしい学生にも出会えましたよ。)